メリットデメリットは?早生まれ・満3歳児保育で入園させた体験記録

子育て

こんにちは、haniwao!です(^▽^)/

 

  • 満三歳児で幼稚園やこども園に入園させたい
  • うちの子早生まれで2歳になったばかりだけど大丈夫だろうか?
  • まだ言葉も話せないけど他のお友達と上手くやれるのだろうか

など早生まれのお子さんはいつから入園させるか悩みますよね。

 

早生まれでなくても満三歳児クラスから入園するお子さんは多くはないですし、子どもを小さなうちから預けることについて、不安に感じることも多いと思います。

 

我が家では3月生まれの息子を2歳で満三歳児クラスから入園させるか、3歳になってから年少さんから入園させるかとっても迷いました。

私

息子の場合、言葉も遅く言いたいことは「あ!」と指さし位しかしないのでなおのこと心配すぎる!

haniwao

1歳・2歳の早い時期で預けてしまって子どもの精神的な負担はないのか?

 

こどもが馴染めなかったらどうしよう…

 

まだオムツも食事も一人で出来ないし怪我でもしたらどうしよう

と不安は山積み!!

 

しかし私がパートで働くことになり、息子は1歳10カ月~託児施設を利用、2歳~満三歳児クラスでこども園に入園させることになりました。

そして入園してから1年が経とうとしています(^▽^)/

 

そこで今記事では、

子どもを1歳10カ月から託児所、2歳1カ月からこども園の満三歳児クラスに預けてみて実際どうだったかを振り返ってみました。

また2歳で預けて感じたメリット・デメリットについてだけ知りたい方は、後半を参考にしてください。(目次で飛べます)

 

結果だけを言うと我が家の場合は良いこと尽くめだったので預けて後悔無し!

 

スポンサーリンク

子供を早く預けようと思ったきっかけ

24時間、365日、子どもに付きっきりという環境、精神的に辛くなる時もあるもので…

私は息子が1歳半くらいになった頃から

少しの時間で良いから子どもと離れて仕事したいなぁ…

と漠然と考えるようになりました。

 

それは、転勤してきたばかりで仲の良い友達もいなく周りに頼れる友人や親も居ない中、日中は息子と2人だけの世界。

自分で自由に使えるお金は少しありますが、コンビニで買い物するくらいしかやることも有りません。

家で遊ぶだけだと息子の体力も有り余ってしまうので

haniwao
haniwao

今日はどこにいこう…

と毎朝、支援センターの日程表を確認しては参加できそうなものを探すのが日課でした。

 

特に何もない日は公園へ。

外に行けば「他人」と話す機会がある時もありますが、1日子ども意外の誰とも話さない日もあったり。

 

毎日のワンオペで子育てを続けているうちに

この地域に越してきて慣れてないし、アウェイ感半端ない!

孤独だ!

毎日何をするか考えるのも、ネタ切れで精神的にもしんどくなってきた!

息子意外の人間と話がしたい!社会と触れ合いたい!

と考えるようになってきました。

 

ベビーカーを押し街を歩けば、

仕事をしている人、友人とカフェをしてる人をみてはキラキラ見えたり…(笑)

片や自分はというと動きやすさ重視のオシャレとは程遠い服装で、愚図る息子を宥めながらベビーカーを押す…

子どもの事は本当に大切で大好きですが、2人で居過ぎて「他人に認められたい」気持ちが大きくなってたような気もします。

そこで段々と働きたい気持ちが大きくなりました。

 

でも、

 

私

こんな1歳代の時から親と離れてこどもは情緒的な発達に問題はないだろうか?

不安にさせてしまうのではないか?

 

 

など葛藤もありました。

そこでフルタイムで働いている友人にLINEで相談してみるとポジティブな意見しか返ってこなかったので挑戦してみることに。

 

まずは働いてみて、息子の様子をみて続けられるか考えよう!

もし大丈夫そうなら、子どもの為に貯金もしたいし少しでも稼ごう!

そう考え、日中の4,5時間くらいのパートで働ける求人を探し、息子が1歳10カ月の時から週3の5時間のパートで働き始めることにしました。

また、手軽に一人の時間を作るだけなら、ファミサポや一時預かりを利用するのもお勧めですよ!

 

初めて1歳の子を預けてパートへ… 市の託児施設を利用

現在私が住んでいる市では、子育てに力を入れており、安く誰でも利用できる市の託児施設があります。

1時間300円で、昼食は別途かかりますが広くてキレイな施設。

予約すれば手ぶらで利用できるのもです。

転勤前に住んでいた地域はそのような施設がなかったのでお大助かりです!

 

◎初めて預ける前にしたこと◎

事前に子どもへこれから預ける事をそれとなく伝え、沢山おもちゃもあるし先生も優しいから楽しいところだよ~と伝えました。

(本人が理解しているかは別;)

託児所に預けて1日目

預ける時は訳も分からず先生に遊びに連れて行ってもらったので泣かずに終わりました。

私も呆気なくてびっくり。

お迎えの時は顔を見ただけで思い出したようでギャン泣きでした。

園では意外と楽しく遊び、お兄さんお姉さんとも遊んだようでした。

託児所に預けて2日目、3日目

預けに行く前からギャン泣き。

これから預けらると覚えているようでした。

園ではケロッと楽しく遊んでいた模様。

迎えに行くとやはり泣き出してしまいました。

託児所に預けて3週間目

預ける時とお迎えの時に愚図る頻度が徐々に減っていき、3週間目には自ら託児室に入るように!

相変わらず園では楽しく遊んでいるようで、お迎えの時もニコニコして帰ってくるようになりました。

息子の順応の速さに驚き!一安心しました。

私の方が仕事に慣れるのに時間がかかりましたとさ…トホホ

 

託児にこどもが慣れてきた頃…託児所に預けるデメリットが見えてきた!

息子の場合、預けて3週目に入ったぐらいから大分慣れてきました。

その頃には「送り」も「お迎え」も泣かずに迎えることが出来るように。

 

託児中でもたまに思い出すと寂しくなって泣いてしまう事があったそうですが、とてもやさしい先生が多く徐々に慣れていったようです。

本人も楽しそうだし、預けていくこと自体は問題なさそうだな(´▽`) ホッ

しかしここで、託児所という特性上デメリットも見えてきました。

 

≪託児所に預けるデメリット≫
・予約制なので長期休みなどの混み合う時期は預けられない場合がある
・他の子どもたちの預ける時間帯がバラバラなので、他のママをみて自分はまだ迎えに来ないと寂しくなる
・毎日同じ子が預けられているワケではないので、特定のお友達が出来にくい
・季節ごとの行事や発表がないので託児所内での様子を見に行くことが出来ない

この時点で息子は1歳11ヶ月。

早生まれなので、年少さんになるまでは残り約1年はあります。

 

これから1年間も託児所に預けることになることを考えると、このデメリットが気になり始めました。

 

ということで、これらのデメリットを解消するために

幼稚園と保育園の特性を持ち未満児保育をしている「こども園」があることを知りました。

いくつか調べ連絡してみることに。

 

その時点で2月の後半でしたが、4月から受け入れてくれるこども園が見つかり、入園することになりました。

補足:幼稚園とこども園の違いについて
橿原市HPより

 2歳1ヶ月、満三歳児でこども園に入園!~1年間の振り返り~

4月の入園式~夏休みまでの様子

2か月間の託児所を終え、4月からこども園に入園した息子。

託児所のおかげで預けられることに少し慣れたのか、初日から泣くこともなく何とか過ごせたようです。

まだ2歳前半なので友達との人間関係を作る感じではありませんでしたが、園でやっている手遊びなど覚えて家に帰ってきてからも楽しそうにしていました。

 

また、入園して1ヶ月ほどした頃に急に喋れる言葉が増えたのはビックリでした!

 

実は入園する前は殆ど話せる言葉がなく、発達面で少し心配していたので嬉しかったです。

(2歳を過ぎているのに、言いたいことは全て「あ!」で伝えるレベルです。)

haniwao
haniwao

言葉を話せなくても伝わる親と過ごす環境より、同世代のお友達と過ごす環境は発語にいい影響を与えたののかも!

 

きっと息子自身、みんなとお話したい気持ちが大きくなったんだね。

ちなみに
ぼくの「あ!」のバリエーションは100個くらいあるぜ!

また、未満児クラスは短時間でしたが運動会も参加できました。

季節の行事があるのは楽しい~♪

 

夏休み期間の様子

園の預かり保育を使用。

未満児クラスから年長さんまでが集まって遊ぶので、息子はお兄さんお姉さんに沢山面倒を見てもらったようで楽しそうでした。

↓夏休み明けの嬉しかったエピソードです(o>ω<o)

夏休み明け~冬休みまでの様子

息子も2歳半を過ぎ、小さいなりに社会性を学び始めた様子でした。

特定のお友達と遊んだという話や、園で何の歌を歌った・踊ったなどを教えてくれるようになりました。

 

またトイレトレーニングを家庭と園で並行して行っていましたが

園で他のお友達が成功しているところを見て学べたのもあり、自分から積極的にトイレに行けるようになったのは良かったです。

 

12月にはお遊戯会もありました。

踊りと歌を発表していましたが、少し離れた場所から子どもの成長や頑張りをみれるのは本当にありがたく感激しました(*^^)

冬休み明けの様子

冬休みは2週間ほどしかなかったので、愚図る様子もなく元気に登園!

最近は園でやった遊びや歌、先生が言ってたことを具体的に教えてくれるようになりました。

今まで先生やお友達に頼っていたことも「自分でやりたい!」と意欲的になっているようです。

私

母ちゃんは成長を感じられてうれしいよ!!

 

1、2歳で子どもを預ける事のメリット・デメリットは?

早生まれの息子を、満三歳児で預けるメリット・デメリットをまとめてみました。

あくまで我が家の場合ですが何かの参考になれば幸いです。

満三歳児で早生まれの子供を預けるメリット

  1. 早生まれの子でも、小さいうちから集団生活に入ると優劣をわかる前に慣れることが出来る
  2. 親以外の人との付き合いが薄い転勤族でも園に入るとお友達ができるので、たくさんの刺激をもらい成長することが出来る。
  3. 季節ごとのイベントや発表会に参加できる。また、親の知らない成長を見ることが出来る。
  4. 育児での不安な点を先生に相談することもできる。
  5. 先生の目から子どもの成長を見てもらうことが出来る。
  6. 親自身が子どもと離れる時間が出来ることで視野が広がり、育児に追い詰められる頻度が減る
  7. 親自身が仕事をした場合、承認欲求が少し満たされる
  8. 仕事をした場合少しずつでもお金を貯めていける。

デメリット

  1. 集団生活なので風邪などの病気をもらいやすい
  2. 急な熱で仕事中に呼び出されることが多いので、仕事をしたい場合に理解のある職場を見つけることが難しい。
  3. 園にもよるが、2歳は通園バスに乗れない可能性がある(安全性を考慮して)

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

私にとっては良いこと尽くめの選択でした。

 

息子の場合は割と早い段階で泣かずに登校できる様になりましたが、

周りのお友達を見ていると落ち着くまでは大体1ヶ月位かかる場合が多いようでした。

 

それでも慣れてくると、今日教えてもらった歌や踊りなどを教えてくれたり、お友達と遊んだ話を聞けたりと、楽しさが伝わってきて園に入れて良かったなぁと感じています。

 

もし私と同じように「働きたいけど、子どもを3歳まえに預けることに不安を感じている」のならば、沢山メリットもあるので一度見学に行ってはいかがでしょうか(^▽^)/

 

それでは、ここまでご覧頂きありがとうございました。

◎こちらの記事も読まれています◎

ベビーくもん、こどもちゃれんじを比較!効果や金額は?両方受講した口コミ
こんにちは、haniwao!です(^-^)/ 初めての出産、初めての子育て、日々こどもと向き合っている時間が長いと
トレーニングパンツはいつから?何層がおすすめ?サイズ選びのコツとは?
トイレトレーニングのパンツについて。3層、4層、6層トレーニングパンツの違いは?・おススメのサイズ選びの方法・トレパンマンやおしっこパットなどの使い捨てのものは必要か?など、私が実際にこどもに使ってみた、そのレビューを含めてご紹介します。

コメント