ジョイトリップ エアスルーの口コミ。使い心地は?良い・悪い点など

便利グッズ

今回は1歳過ぎから使えるコンパクトなジュニアシート

「コンビ ジョイトリップ エアスルー」

を購入したので、徹底レビューします。

 

我が家は新生児の時期から使えるチャイルドシートを使っていました。

5歳くらいまで使える物でしたが、

子供が成長して2歳半くらいには使いにくくなってきました。

 

私
はにわお!

特に座面の高さ!

毎回の乗り降りで、背が伸びた息子を抱っこすると頭はぶつけてしまうし

体重も重いので乗せるのも重い(;’∀’)

私
はにわお!

気軽に本人が乗り降りできて

機能性も良いジュニアシートが欲しいぃぃ!!

ということで、かなり調べてジュニアシートを購入。

 

実際使用してみると、子供も乗り心地も良さそうだし、取り付けも簡単、私も乗せ降ろしも無くなってかなり楽!

それではジョイトリップを2ヶ月使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

ジュニアシートとチャイルドシートの違いは?

道路交通法では6歳未満の乳幼児に、「乳幼児用補助装置」の設置が義務付けられています。

乳幼児用補助装置は

・ベビーシート ・チャイルドシート ・ジュニアシート

の3つに分けられています。

 

【チャイルドシートの一例です】

・ベビーシートからチャイルドシートへ変形できる物

・チャイルドシートからジュニアシートへ変形できる物

など様々な工夫がされたものがあります。

メーカーによって2,3段階変形できる物もあるので、この分類はあくまで目安です。

 

ですので使う年齢や兄弟に合わせて選んでいきましょう。

コンビ|ジョイトリップのジュニアシートは何歳から使える?

【コンビ】ジョイトリップ エッグショック GG(チャイルドシート&ジュニアシート)

”コンビの製品動画より”

コンビのジョイトリップは1歳~11歳頃まで長く使えるチャイルド‐ジュニアシートです。

成長に合わせて、パーツを外すと≪3段階の形≫に変えることが出来ます。

①チャイルドモード ②ジュニアモード ③ブースターモード
9~18kg以下(1~4歳頃) 15~25kg以下(3~7歳頃) 22~36kg以下(6~11歳)
ヘッドサポート

5点式ベルト

背もたれ付き

背もたれ付き

ハイバックシートとして使用

背もたれを外し、

座面だけのブースター

として使用

 

アマゾンや楽天を見ると、

ヘットサポートが付いていないジュニアモードから購入できる商品があったり、

ブースターモードから購入できる商品もあります。

私
はにわお!

パーツが少なるなると金額も安くなるので、年齢に合わせて購入できるのは無駄がなくていいですね(^▽^)/

 

≪ヘッドサポートが付いているバージョン≫

≪ヘッドサポート無しバージョン≫

 

コンビ|ジョイトリップ エアスルーを徹底レビュー

こちらの画像は実際に息子(身長92㎝)が乗った時のものです。

購入後3ヶ月間、チャイルドモード(9~18kg用)で毎日のように使ってみました。

それでは、3歳の子供に使用してみて、「良かったところ」「気になるところ」をご紹介します。

コンビ ジョイトリップ エアスルーの良いところ

・座面、背面部分がメッシュで出来ているので汗を掻きにくい
今まで使っていたチャイルドシートはメッシュではありませんでした。
冬場でも寝てしまうと首やあ背中に汗を掻いて汗疹の原因になることもしばしば、、
通気性の良い「エアスルー」にして1つ悩みが減って嬉しいです!
・座面部分の高さが低いので、子供自身の乗り降りが可能
3歳ともなると、体重もけっこうな重さなので乗せ降ろしが辛かったのですが、自分で乗り降り出来るようになって楽々!(現在私が妊娠中なので特に助かりました)
また、高さのあるチャイルドシートでの乗せ降ろしは、気を付けていても頭を天井に当ててしまう事がありました。
その地味なストレスが減ったのはかなり嬉しいです!
・横幅が44㎝とあまり場所を取らないが、チャイルドシートに比べて座った時は広々としている
コンビのジョイトリップは、座面だけで設置すると11歳頃まで使えます。
長く使えるような設計なので今のところゆとりがあって、息子も快適そうです。
・座り心地が良さそうで、車ですぐ寝るようになった

座面は「3Dクッション構造」で座り心地にこだわった設計です。
そのお陰かお昼寝をしない息子が車で寝るようになりました(^▽^)/

・ドリンクホルダーが左右どちらでも替えられて便利

左右どちらのシートに取り付けても、邪魔にならない方にドリンクホルダーが付けられます。
少し大きめで作られているので、ペットボトルや水筒だけでなく子供の好きなオモチャなども入れたりできます。息子は自分のスペースが出来たので嬉しそうです。

私
はにわお!

その他、口コミをかなり調べてから購入しましたが、

・乗り降りしやすい
・熱がこもらない
・乗り心地も良い

など高評価で実際に使ってみても相違ありませんでした。

コンビ ジョイトリップ エアスルーの気になるところ

気なる所は一つだけでした。

・股あてパットがすぐ外れる

ベルトのバックル部分についている股あてパットですが、降りる度に外れます。

実際無くてもいいのかもしれませんがそこだけは残念ポイントでした。

私
はにわお!

その内無くしそうです(;’∀’)

コンビ ジョイトリップ エアスルーの基本情報

高さ・幅・奥行:670㎜×440㎜×450㎜

本体重量:ヘットサポート込 5.3kg、ヘッドサポート無 5.1kg

適応体重:9kg~36kg以下 (参考:1才頃~11才頃)

特徴:

①エアスルークッション(3Dメッシュシート、背面通気口で通気性が抜群)

②座面のクッション性(点が集まって支える構造、座り心地抜群)

③省スペース設計

④洗濯機の丸洗いOK

⑤5点式ハーネスベルト(チャイルドモード)

⑥成長に合わせて3段階の形に変化させられる。

取り付け可能車種は?

コンビのジュニア/チャイルドシートは幅広いメーカーで取り付け可能です。

主な対応車種≫

レクサス、トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スズキ、スバル、ダイハツ、イスズ、BMW、オペル、フォード、vw、ボルボ、メルセデスベンツ 等

詳しくはコンビの公式サイトでご確認ください。

ジョイトリップ エアスルーの口コミまとめ

今回はコンビのチャイルド‐ジュニアシート「ジョイトリップ」の口コミについてご紹介しました。

我が家では3歳になってから使いましたが、

こんなに使いやすくて快適なら2歳頃から使えばよかった~と少し後悔しています。

 

もしあなたも新生児から使っているチャイルドシートが窮屈に感じているのなら、早めに替えた方がストレスが減ると思うので検討してみてはいかがでしょうか?

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました(^▽^)/

 

◎この記事も読まれています◎

トイトレの進め方とおすすめグッズや工夫をご紹介!2歳児が成功に至るまでの奮闘記
2歳になって開始した我が家のトイトレ完了までの奮闘記です。やる気を引き出すグッズ、効果があった声掛け、また停滞期にやってしまった私のNG行動などを振り返りました。トイトレを始めようか考え中の方や停滞中の方は是非ご覧ください!

 

コメント